Friday 15th December 2017,
余興の達人 〜結婚式、披露宴、二次会の余興幹事の為の情報ポータル〜

【はじめての二次会余興】余興の基本知識

usstaff 2013年3月29日 基礎知識
yokyo03282

披露宴とは違う、二次会のための余興とは

二次会の余興を頼まれて、披露宴の余興と二次会の余興って違うの?と疑問に思われる方も多いでしょう。もちろん大きな違いはありません。ただ、結婚式に比べて二次会は参加者が絞られています。家族だけの場合であったり、式に参加できなかった人を含めた友人のみの場合、新郎の会社関係の人だけの場合などがありますね。参加者が絞られている分、二次会の余興では一般ウケを気にすることなく、内輪ネタでもOKになります。また、ゲームなど全員参加型のゲームで和気藹々とするのも定番ですね。結婚式よりもリラックスして、仲間内で楽しむ気持ちで余興をやってみましょう!

二次会の余興はどんな人が頼まれるの?

結婚式ではいろんなゲストがいますから、友人として人前に出しても恥ずかしくない人やそれなりの特技がある人というのが大切なポイントになりますが、余興の場合はムードメーカーで盛り上げ上手な人が頼まれやすいようです。また、打ち合わせや準備などもありますから、きちんと準備をしてくれそうなしっかりした人も頼まれやすいようですね。

どんなタイミングでするものなの?

二次会は一切決まった形がありませんから、どのタイミングですべき、というのはありません。逆に、「これをやるなら、このタイミングでするほうが全員参加しやすいんじゃないか」、「これは感動系だから締めのほうが良いんじゃないか」など、余興の内容を考えてから全体のタイムスケジュールを組むと上手く行くでしょう。たとえば、序盤は様子見で定番ゲーム、徐々に盛り上がってきたら少し内輪ネタの出し物、完全に盛り上がったところで笑えるパフォーマンスや昔の写真。そして締めに感動系をという流れがスムーズに進行できるかもしれませんね。

具体的にどんなことをすれば良いの?

まず定番なのは、ビンゴなどの全員参加型のゲーム。景品に工夫を凝らせば、さらに盛り上がるでしょう。次に多いのは、人気のアイドルに全力でなりきって歌って踊るというもの。こちらは結構お酒が入ってからのほうが盛り上がるようです。他にも、新郎新婦の「取り扱い説明書」を作成し、面白おかしく発表するのも人気なようですね。また、仲間内の二次会だったら、昔の写真を流すだけでも、当時のことを思い出しながらワイワイ楽しめるでしょう。ただし、いくら二次会で結婚式よりお酒も入るからといって、あまりに下品な余興は相応しくありません。また、お店でする場合がほとんどなので、お店ともその余興をすることが可能かどうか十分に打ち合わせし、準備も完璧にしておきましょうね。

シェアする