Sunday 24th September 2017,
余興の達人 〜結婚式、披露宴、二次会の余興幹事の為の情報ポータル〜

【大成功間違いなし?!】周囲を巻き込む余興の技!

usstaff 2013年3月29日 基礎知識
© pressmaster - Fotolia.com

内輪だけでウケる余興はNG!

成功して大盛り上がりにできるか、失敗して会場をシーンとさせるか。余興を引き受けると心配でならないのは、みんなの反応ですよね!どうすれば周囲を巻き込んで大盛り上がりにできるか。その秘訣を探ってみましょう。まず、一番に言えることは、内輪ネタはNGということ。結婚式に参加しているゲストは、様々な年代、立場の方がいらっしゃいます。お友達だけではない、ということをしっかり覚えておきましょう。また、自分の世界に酔いしれるような独りよがりのパフォーマンスもNG!もちろん、新郎の女性遍歴を暴露したり、ギャグのつもりで新婦の名前をわざと間違えるなどは絶対にしないようにしましょう。

余興の対象を考えよう!

まずは余興の対象者を考えてみましょう。対象は大きく2つに分けられます。全体対象にして盛り上げるようなことをするのか、新郎新婦を対称にしてサプライズ的なことをするのかです。全体を対象にして盛り上がる場合は、成功すれば大いに盛り上がりますが、失敗すれば言うまでもなく最悪な空気になりますね。どちらかといえば、新郎新婦を対象にした演出やサプライズのほうが、スベる確立は低いでしょう。もし、ありきたりで面白くないと思われても、新郎新婦を巻き込んでいれば、それをあからさまに顔に出すゲストはほとんどいないからです。

盛り上がり系?それとも、感動系?

余興の内容としては、盛り上がり系か感動系に分けられます。盛り上がり系ならばゲームやパフォーマンスの披露。感動系なら、オリジナルのビデオを作ったり、参加できなかった人から手紙を預かって来て朗読するなどが一般的でしょうか。ゲームならば会場全員が参加できるもの。ビンゴや新婦のドレスカラー当てクイズ、二人の馴れ初めをクイズ形式にして紹介するのも会場全体で盛り上がるでしょう。感動系なら、まずは新郎新婦の二人を感動させることに全力をそそぎましょう!余興の内容よりも、二人が感動している姿に他のゲストも感動するのです。

プロに任せるという手もアリ

ありきたりなのは嫌だし、せっかくだから質の高い余興ををみんなに楽しんでもらいたい!と思うのであれば、プロに任せるのもアリです。最近ではバルーンアートやカクテル、演奏、ダンスなど様々な出張パフォーマンスがあります。もちろん、依頼する場合は事前に会場側にも呼んで大丈夫かや、行うスペースの確認など、しっかりしておきましょう。また、芸人からのビデオレターも多いですが、こちらはスベることが多いようなので、新郎新婦がファンである場合を除いては、やめておいたほうが良いかもしれませんね。

シェアする