Friday 15th December 2017,
余興の達人 〜結婚式、披露宴、二次会の余興幹事の為の情報ポータル〜

教会の雰囲気を出すならゴスペル!

usstaff 2013年3月31日 余興ネタ帳

チャペルでの挙式に、ゴスペルの歌声が響いたら雰囲気5割増で、結婚式の感動も一際大きくなります。映画で有名な曲など使えば、多くの人が一度は耳にしたことがあり、会場全体が盛り上がること間違いなし!プロに頼んでもよし、歌のうまいお友達に頼んでもよし。ここでは、実際にゴスペルを取り入れた結婚式をまとめました。動画を見て、イメージを膨らませてみてください。

対象タイプ: 誰でも or 歌がうまい人
必要スキル: 楽しむココロ
メリット:  会場がひとつになって盛り上がる 雰囲気がぐっと高まる

1. プロを呼ぶ 「Miss a Thing」「September」「Can’t Take My Eyes Off You」

プロゴスペルシンガーのドニさんという方をアメリカからお呼びしたようです。
3曲とも日本で馴染みのある楽曲を歌われていて、
最初は遠慮がちだったゲストたちも、だんだん立ち上がってのっています。
友人たちによる余興もとても嬉しいですが、プロフェッショナルによる
歌のプレゼントは、普段聴けることもないですし、格別です。

2. プロゴスペル派遣会社 Liz Planet

こちらは結婚式の様子ではないですが、このように実際に
プロのゴスペルシンガーを派遣してくれる会社のご紹介です。
日本語のサイトがありますので、気になる方はぜひ。
http://www.lizplanet.net/

3. 友人によるゴスペル 「OH HAPPY DAY from 天使にラブソングを2」

プロと言っても過言ではない歌唱力です。
リードボーカルの方はもちろん、コーラスも素晴らしいですね。
会場も非常に盛り上がっていて、歌い終わった直後に大歓声です。
制服を着て歌うことで、映画の雰囲気も出ていますね。

4. 友人によるゴスペル 「Joyful Joyful from 天使にラブソングを2」

こちらも友人によるゴスペルですが、本当にうまいです。
映像のピントがあっていないですが、ここは歌声を楽しんでいただければと思います。

まとめ

盛り上がりたい方、雰囲気重視される方には特におすすめです!

シェアする