Friday 15th December 2017,
余興の達人 〜結婚式、披露宴、二次会の余興幹事の為の情報ポータル〜

余興の「よ」基本的な余興の種類を知ろう

kazuhikomoriyama 2013年3月31日 基礎知識

「余興をお願いします」

そう言われてから余興で悩まされる日々が始まります。それでも大好きな新郎新婦のために頑張ろう!と思っているあなたに、そもそも余興ってオーソドックスなところでどんな種類の余興があるのかを押さえてみるのはどうでしょう。オリジナリティあふれるものにしたいという方にも、まずは基本を知る事ができれば、それ以外のアイディアを考えればいいので役立つかもしれません。

 

■VTR系

1、余興プロジェクト
余興を任されてからどうするかをドキュメンタリー風に追いながら、そこに新郎新婦を登場させて、会場につなげていくようなスタイル。

2、メッセージVTR
当日来れない人たちからのメッセージを集め、会場を感動で包むコンテンツ。しかしながら、人選と長さを考えないとシラケてしまう可能性があるのでご注意を。

■表現系

1、ライブパフォーマンス
演奏ができる人にしか来ない依頼ではありますが、友人に歌や演奏をしてもらうことは、新郎新婦にとっては格別にうれしいものです。多くの人が喜ぶような選曲をしてあげましょう。

2、ダンスパフォーマンス
これはよく見るかと思いますが、みんなで練習して、ダンスをプレゼントするというものです。アイドル系や流行系が多いですが、本気でダンスをするのも新郎新婦に想いが伝わるかもしれません。

3、作詞作曲
ハードルは非常に高いかもしれませんが、依頼できる人たちもいるので、作詞だけして曲をつくってもらうのも一つですね。さらにそれを演奏できればいうこと無しです。

■クイズ系

そのままですが、クイズは結構スタンダードな余興になっています。全員慣れているからこそ、普通ではやはりつまらないものになりがちです。クリエイティビティを活かしたクイズ制作をお勧めします。

■特技系

マジックや、フレアーバーテンダー、空手の型の披露、漫才など、自分の持っている特技を活かして、会場を沸かせます。特技のレベルによって会場が盛り上がるか、それとも・・・。

■体を張った系

ビールの一気飲みやコーラの一気飲み、体力勝負の○○など。見てる方が心配になるような余興。新郎新婦の為にこれだけ体を張れるなんてすごいという声が聞こえてくるでしょう。

 

 

 

シェアする