Friday 15th December 2017,
余興の達人 〜結婚式、披露宴、二次会の余興幹事の為の情報ポータル〜

サプライズのアイディアの考え方!

kazuhikomoriyama 2013年4月1日 余興ネタ帳

結婚式に欠かせないのがサプライズです!

近年は映像技術の発達で、いろいろと準備段階から取材で追ってのようなサプライズも増えてはきましたが、大切なのはその企画がどれだけ新郎もしくは新婦を感動させるか。心の琴線に触れるかということが一番大切ですね。
そこで、サプライズのアイディアを考える手順をまとめてみました!

1. 対象者を探る

まずは、対象者の情報をしっかりと収集する事が先決です。感動の公式は次の通りです。

もっとも喜ぶこと×無理だと思っている度

感動は、想定しているものを超える時に起こるものです。もっとも喜ぶものを直接実現するのもいいのですが、それがどれだけ無理だと思われているのかというのが最終的なサプライズの大きさに直結していきます。
従って、まずは対象者がもっとも喜ぶ事を考える訳ですが、同時にその人の立場に立って、難しいなぁと思う理由も上げていきます。その二つのポイントがそれぞれ高いものを題材として選びます。

2. 企画に落とし込む

もっとも喜んでくれるであろう人や、モノをどのように手に入れるかを考え抜きます。そのプロセスをVTRなどで追うのも一つですし、その人や物自体を本番で披露するのも大きなサプライズになるでしょう。

3. 実行する

企画が固まったら、実際にその人やモノを手に入れるために動きます。人生に一度の結婚式なので、多くの人が協力してくれるので、意外とスムーズにすすむものですし、サプライズ特有の一体感を感じられると思います。

4. まとめ上げ当日の流れを打ち合わせる

企画、人、モノをまとめ上げ、当日にそれらをどのように表現するのか、指定されている場所と時間に用意できるように、会場のプランナーさんに相談をします。必要であれば、事前に物品の送付などもしながら司会との連携も忘れずに行いましょう。

5. 当日サプライズを完結する

ここまで準備したことを信じて、あとは本気で伝えてあげる事です。人生でたった一度の結婚式におけるサプライズは今後の人生にとっても絶対に忘れられないベストエクスペリエンスになるでしょう。

シェアする